2018/1/18, Thu.

暗い時刻から例によって何度か覚め、そのたびに心身に恐怖感があったと思う。頭がまたぐるぐると回って落着かなくなっており、そのまま思念がコントロールできなくなり、発狂するのではないかという恐怖を覚える時間があった。しかし、寝床で呼吸に意識を向…

2018/1/17, Wed.

明け方に一度、もう少し明るくなってから一度、それぞれ覚め、多分どちらの時も心身にいくらか硬い緊張感があったと思う。しかしこの朝は薬に頼ることなく再度入眠することができ、正式な覚醒は八時四〇分から五〇分頃となった。この時もまだ多少緊張感のよ…

2018/1/16, Tue.

七時になる前に一度覚めたのだが、その時、また心身が覚醒的になっていた。不安に冒されている感覚があったのだが、横たわったまま瞑想を試みて、多少和らいだはずである。それでも薬を飲んでふたたび入眠し、この日は長く寝過ごさずに、八時四〇分頃起床し…

2018/1/15, Mon.

最近の習いで、夜の明ける頃に一度覚めた。数日前とは違って、心身が不安に苛まれている、緊張によって覚醒しているという感覚があまりなかった。それでボディスキャンというか、臥位でのヴィパッサナー瞑想を行う風にしていると、恐怖もなく意識が深いとこ…

2018/1/14, Sun.

前夜は久しぶりに夜更かしをして三時前の就床になった。それでこの朝は確か、七時頃にまた一度覚めたのだったと思うが、床に就く前に薬を飲んでいたのでこの時はそれに頼らず、呼吸を観察して非能動の状態に入ることで自ら寝付こうと試みて、成功したのだっ…

2018/1/13, Sat.

五時台に一度目覚めた時、不安の高い精神の状態になっており、家鳴りなどのかすかな物音にもびくびくするような有様だった。いつも通り、自力で寝付こうとしばらく試みたものの無駄だったので、薬を服用して眠りに就き、一一時まで長く眠った。 覚えていない…

2018/1/12, Fri.

現在、一月一七日に至っており、五日も前のことを思い返して綴るのも面倒臭いので、この日は下のメモをもってそのまま日記の内容とする。六時台にやはり覚醒。覚醒感まし。ボディスキャン。入眠しかけたところで冴えたのでは? 薬飲む。 一〇時台。上へ。シ…

2018/1/11, Thu.

やはり六時台に覚醒する。空気は寒く、額が冷たく、ボディスキャンを試みても身体がほぐれていかない。例によって薬に頼って入眠し、一一時に至って再度覚めると、ここで改めてボディスキャンを行っておいた。寝床を抜け出そうともたついているあいだ、何故…

2018/1/10, Wed.

例によって五時過ぎに寝覚めし、ボディスキャンを試みるものの眠れず、薬に頼る。薬の作用なのかドーパミンの作用なのかわからないが、ここのところ夢を大量に見ている。一〇時五〇分に覚醒。 食事を取りながら新聞。韓国、慰安婦合意を巡って、「自発的な真…

2018/1/9, Tue.

朝方、例によって寝覚めする。6時半なので、一応覚める時刻が遅くなってはいる。心身に覚醒感を帯びており、直前まで夢を見ていた。ボディスキャンを試みたもののうまく行かず、やはり足が冷たく、眠気もやってこないので、薬の助けを借りて寝つく。それで11…

2018/1/8, Mon.

例によって深夜に覚める。5時前。どうも、発作で覚めたのでは、という感じがあった。薬剤の効果でブロックされていたのだろうが、何らかの神経症状の名残りらしき気配があったのだ。しばらく、寝つこうと試みる。ボディスキャンを行うが、手がうまく温かくな…

2018/1/7, Sun.

まだ明けていない深夜に一度目を覚ましたのだが、その時携帯電話を見ると、三時三八分だったような覚えがある。数日前のように、脚の先のほうがひどく冷えているという感覚があった。横向きになって脚を折り、上体のほうに引き寄せつつ、身体を抱くようにし…

2018/1/6, Sat.

この朝のことはもはや覚えていない。全然記憶が蘇ってこないので諸々と省略するとして、八時頃に出勤路に就いた。晴れの日だが、朝の空気はやはり冷たい。日なたのあまりない街道を行く。道を歩くあいだ、やはり脳内に言語が自動的に湧き上がってくるのを警…

2018/1/5, Fri.

六時のアラームが鳴るだいぶ前に覚醒した。やはりあまり眠れないようである。一度覚めた時点で目が冴えて、その後、寝付けなかったような覚えがある。六時のアラームが鳴ったところで布団を抜け出し、上階に行って、生ハムと卵を焼いた。おそらくずっと頭の…

2018/1/4, Thu.

六時前覚醒。ボディスキャンして待つ。 勤務中、概ね落着いている。 テレビ番組。相対化自体を相対化。それが悟り?しかし速すぎる。もう少しゆっくり進みたい。不安から逃れるための相対化だろう。 風呂、発狂に対する恐怖、ふたたび。モノローグが秩序を失…

2018/1/3, Wed.

何時に起床したのか覚えていないのだが、多分一一時くらいまで眠ったのではないか。一日の初めのほうの食事やその他のことも覚えていないので省略する。前日には概ね気分は落着いており、往路に車に乗っているあいだなども、どうやら自分は大丈夫そうだな、…

2018/1/2, Tue.

九時頃には山梨に向けて発つという話だったので、前夜は早めに床に就いたのだが、そのおかげで七時三五分には起床することができた。上階に行き、食事を済ませたのち、自室に戻ると、既に八時半かそのくらいになっていたような気がする。何をしたのだったか…

2018/1/1, Mon.

時刻を確認しなかったが、まだ明けないうち、おそらく寝付いてからまもないうちに一度覚め、その時、不安がかなり高まっていた。手足の冷えや身体の内を通り抜ける寒気も発生しており、また、頭のなかもかなりぐるぐると回っていたと思う。前夜のうちだった…

2017/12/31, Sun.

九時四五分に一度目を覚ました。七時間だからちょうど良いなと睡眠を計算しながらも、呼吸に集中しているうちにいつの間にかまた眠ってしまっていた。よく覚えてはいないが、九時四五分より以前にも覚めていたような記憶の気配がないではない。そのあたりの…

2017/12/30, Sat.

七時台に一度覚醒した時、心臓神経症の症状が見られた。意識がはっきりするとともに、気づけば左胸が不安に疼くようになっているのだ。仰向けで、あるいは横に身体の向きを変えつつ、深呼吸を繰り返して心身を宥め、睡眠時間は四時間台で短いのでもう一度眠…

2017/12/29, Fri.

携帯電話のアラームを九時に設定していた。父親の還暦祝いということで兄が昼食の席を企画し、一〇時半頃には家を出ることになっていたからである。この朝のこちらはアラームが鳴るより前、八時四五分に覚醒して(それよりも以前に一度覚めた記憶もある)、…

2017/12/28, Thu.

六時に起床。ベッドを離れて携帯電話のアラームを停めると、また布団に戻ってしまう。しかし二度寝をするわけではなく、瞑想に移る前に、暖かい布団のなかで身体をほぐしておきたかったのだ。したがって、膝を立て、腰を少々浮かせた姿勢で静止して、下腹部…

2017/12/27, Wed.

六時起床。携帯電話のアラームの音で眠りから強制的に引っ張り出される前に、何らかの夢を見ていたはずだが、覚醒とともにまったく失われてしまった。ベッドを抜け出し、反対側の壁の手前、積んだ本の上面に置いておいた携帯を手に取り、響きを停める。その…

2017/12/26, Tue.

六時のアラームの前から覚めていたらしい。時間が来てもまだ明けず、南の山際に現れている青と朱の色を見て、「トワイライト」という言葉を思った。 朝食時、テレビのニュースに目を向けていると、大阪は寝屋川で監禁事件があったと流れる。両親が、精神疾患…

2017/12/25, Mon.

夢。驚くべきことに、ある女性と結婚をしており、かなり幸福に、あるいは熱情的に「愛し合って」いた(性行為をしていたということではない)。女性は完全に匿名的な人で、現実にこちらが知り合ってきた女性たちの誰をも思い起こさせることが少しもない。本…

2017/12/24, Sun.

一二時二五分まで寝過ごしてしまう。九時間も眠りに費やしたのは久しぶりのことである。八時か九時かそのくらいから何度も目覚めてはまた眠りに戻って、夢をたくさん見たが、こういう時の常でほとんどあとには残らない。まず一つには、図書館で書架を眺めて…

2017/12/23, Sat.

出し抜けに、といった感じでちょうど八時頃に一度目を覚ました。アラームが鳴るように仕掛けたのは一〇時である。朝陽の明るさがカーテンを浸していた。三時四〇分に就床したからこれでは睡眠が足りない、労働に備えてもう少し稼いでおいたほうが良いだろう…

2017/12/22, Fri.

記憶に残っておらず、メモも残していない諸々については省略する。 出勤時、玄関の外に出て、ポストから夕刊を取る。「エルサレム首都 国連総会が「無効」 日本など128か国賛成」という記事をちらりと見る。ヘイリー米国連大使が実に無感情な顔で映った写真…

2017/12/21, Thu.

起床、一二時四五分。寝床を抜けるとベッドの縁に腰掛けて、パク・ミンギュ/ヒョン・ジェフン、斎藤真理子訳『カステラ』を一〇分間だけ読む。起きるのが遅くなったためだろう、瞑想はしなかったようだ。上階に行き、洗面所に入って、濡らした手指で髪に触…

2017/12/20, Wed.

正午起床。パク・ミンギュ/ヒョン・ジェフン、斎藤真理子訳『カステラ』を一〇分読んでから便所に行ってきて、瞑想に入る。二〇分間。食事は前夜の残りのカレーを食べた。新聞、「「首都エルサレム」米孤立 安保理 無効決議案に拒否権」(二面)、「日韓合…