2018/7/9, Mon.

●音楽。流してもやはり気分が平板なのは変わらず、以前そこに感じていた豊かさをまた感じるべくもないが、ないよりはまだあるほうがましなような気がする。John Coltraneなど流して耳を向ける。My Favorite ThingsにI Want To Talk About You。 ●要するに自…

2018/7/3, Tue.

●一応生きています。しかし、四月頃から本質的な変化はないです。感情や感覚の働きが何一つ感じられず、何にも意欲が湧かず、何もできない。抗鬱剤を飲んでいるが、効果はまったくないです。読み書きはもう二度とできないでしょう。読み書きだけをなすべきこ…

2018/5/19, Sat.

●一月頃の日記を数日分読み返しているが、もはや自分がこんな風に文を書くことができていたのが信じられない。自分の頭は、三月くらいに掛けて、何か本質的に変質してしまった。もう二度と以前のような文章は書けないだろうという実感がある。 ●そして、あの…

病歴

●2009年10月 ・最初の発作。パニック障害発症。2010年5月から一年間、大学を休学。 ●2017年秋頃 ・ほとんど寛解。おそらく二か月ほど、薬を飲まないでいた。 ●2017年末から2018年始 ・症状悪化。頭のなかに言語がぐるぐると渦巻いて止まない、という症状を体…

2018/4/14, Sat.

●八時過ぎに起床。曇天。朝食、おじやの僅かな残り、小松菜、キャベツのサラダ、豆腐に大根おろし。食後、デザートとしてエクレアの半分(もう半分は母親が食べた)にバナナ、ヨーグルトも食べる。胃の具合は、やはり張っている感じがするが、痛みはほとんど…

2018/4/8, Sun.

●読み書きを失った時点で、自分は象徴的に死んだようなものなのだと思う。以前の自分の脱け殻のようにして生きている自分がいる。自殺を考えないと言ったら嘘になる(と言うか、自生的にそうした思考も湧いてくることがままある)。しかし、気分がさほど落ち…

2018/4/5, Thu.

●八時頃起床。 ●朝食、米に納豆、人参の炒め物、野菜スープとサラダ。野菜スープが美味くておかわりをする。 ●食後、脚をほぐそうと屈伸をしたところ、それだけで動悸が激しくなり、不安を覚える。白湯を飲み、スワイショウを行って気持ちを落ち着かせた。 ●…

2018/4/4, Wed.

●三宅さんと通話する。一一時半から一二時半頃まで。その後、散歩に。市営住宅の公園の桜はだいぶ葉桜に。裏通りを行っていると、正面から陽射しがまっすぐに当たってくる。夏のような暑さと思った。 ●夕食、まあまあ食べられる。米に納豆、マグロ(メカジキ…

2018/3/29, Thu.

●母親と、飯能の美杉台公園に花見に行く。郵便局と銀行に寄ってから埼玉の方へ。スーパーアルプスで買い物、おにぎりや焼きそばにたこ焼き、クリームパンなど買ってから公園へ。白い桜が満開で、回廊のようになっていた。写真を撮ったりしたあと(こちらは、…

2018/3/26, Mon.

●昨日、午後二時頃、父親に最近の自分の状態について話を聞いてもらう。 ●今日、『あさイチ!』。セクハラ特集。この番組は、先日の受動喫煙特集の時もそうだったが、意外とリベラル寄りなのだなと思う。セクハラについては、当然、加害者側が悪いと考える(…

2018/3/21, Wed.

●一応、入眠はできたようである。確か一時間くらいの時点で一度覚めた憶えがあり、その後も二、三回覚めたのではなかったかと思うが、前日よりは眠ることができた。七時か八時頃に至るともうこれ以上眠れないということはわかっているのだが、起き上がる気に…

2018/3/20, Tue.

●睡眠薬を飲んだのだが、入眠できず。このまま朝まで眠れないのではと危機感を覚える。しかし、ロラゼパムとスルピリドを追加したところ、三時以降になってどうにか意識を失えたようだった。 ●雨降り。気温は、最高が八度とか聞いていたが、それほど寒くも思…

2018/3/19, Mon.

●『あさイチ!』。受動喫煙について。埼玉県熊谷市の取り組み。児童の尿検査によって受動喫煙の程度を調べる。 ●横山貞子訳『フラナリー・オコナー全短篇 下』。二八六頁から三三五頁まで。「啓示」、「パーカーの背中」。 ●鷲崎健 "I Love Youのある世界"を…

2018/3/18, Sun.

●横山貞子訳『フラナリー・オコナー全短篇 下』。「長引く悪寒」、「家庭のやすらぎ」。 ●時間を持て余してしまう。「何をしよう」という心が明確に出てこない。今までの自分には、なかったことである。自分の中心にあったに違いない書く欲望が希薄化してし…

2018/3/16, Fri.

●八時起床。四時直前に一度目覚めている。前夜は一一時の直前に床に就いたので、一応、五時間は続けて眠れたことになる。七時に覚めたが、何だか身体が重いようで起き上がることができず、目を閉じていた。頭が何か勝手に言葉を生み出しているのを切れ切れに…

2018/3/15, Thu.

●横山貞子訳『フラナリー・オコナー全短篇 上』を読んでいる。「善人はなかなかいない」や「田舎の善人」に顕著だが、オコナーはまったく救いのない暴力の物語を淡々と、無慈悲に書いてみせる。 ●「田舎の善人」では、それまで気の良い聖書売りとだけ見えて…

2018/3/12, Mon.

●段々と、頭の調子が良くなってきていると思う。気分も比較的明るく、悪くない。昨日は両親と兄夫婦とその赤子と合わせて家族六人でいちご狩りに行き、その後、兄夫婦の宅で寿司など、美味い飯をいただいた。ピアノを弄らせてもらい、ぎこちなくブルース進行…

2018/3/4, Sun.

●七時五分起床。スガシカオ "ココニイルコト"頭に。寝床でも、書くことについて悩む。ともかく起きて、上階へ。 ●朝食は、前夜の天麩羅の残り、鶏釜飯、即席のシジミの味噌汁に豆腐やワカメや菜っ葉を足したもの(これが美味かった)、サラダ。父親、起きて…

2018/3/3, Sat.

●まず最初に、今日考えたことから書いておきたいのだが、思考の起点としては、夕食前、自室のベッドにシーツを敷きに行った際に思いついたことがあった。それは、非常に要約して言うならば、無常というのは救いではないのか、ということである。我々の存在は…

2018/3/2, Fri.

四時台に一度目覚めて、すぐに服薬してふたたび眠った。起床は七時五五分になった。寝床を抜け出すと、ダウンジャケットを羽織って上階に行く。階段を上がって行きながらおはようと母親に挨拶をした。朝食にはハムと卵を焼き、前夜の鍋料理の残りをすべて払…

2018/3/1, Thu.

四時台だかに一度覚めて、しばらくしてから起き上がり、新しい薬の袋を取って、明かりも点けないまま、ベッドの上で服薬した。多分六時くらいからうまく眠れず、夢をちょっと見てはすぐに覚めるということを繰り返していたのだが、そのなかに暴力的な、ある…

2018/2/28, Wed.

三時四〇分くらいに覚めて、一一時二〇分に寝たから四時間二〇分ほどかと睡眠を計算した。服薬して寝付き、最終的に八時半頃まで眠って、九時間の長い眠りとなった。上階に行く。父親に挨拶してストーブの前に座ると、父親はまもなく出勤して行った。母親も…

2018/2/27, Tue.

入眠が難しそうだったので薬を飲んだのだが、そのおかげで寝付くことができた。何度か覚めただろうが、その都度のことは覚えていない。最終的に、九時頃に覚醒した。上階に行くと、母親は(……)へと出かけるところだった。食事のメインとなったのは、おじや…

2018/2/26, Mon.

四時半頃に一度覚めて、薬を飲んでから再度入眠した。一体いつになったら、深夜に寝覚めせず、朝までぐっすりと眠れるようになるのか? とは言え、もはやさほどの支障も感じてはいない。起床は八時頃になった。 上階に行くと、母親は既に(……)の仕事で出か…

2018/2/25, Sun.

いつも通りに深夜のうちに目覚めたのだが、それが何時頃だったかは定かに覚えていない。服薬をして寝付き、七時頃に覚めたかと思うが、やはり眠りを稼ぎたくて八時四五分まで浅い睡眠のなかにいた。カーテンをひらくと、外は真っ白な空である。一五分ほど寝…

2018/2/24, Sat.

五時頃だったかに一度覚めた時に服薬をしたが、それからあまりスムーズに寝付けなかった。目を閉じていると、何故か自ずと、瞑想時のように瞑目の視界に靄の流れが湧いており、意識が沈んでいかない感じがしたのだが、これはもしかすると、前日に音読をしす…

2018/2/23, Fri.

一度目に覚めた時、六時直前で、以前よりも長く覚醒することなく寝られるようになっているのではと希望を持った。ただ例によって、薬の袋を寝床に持ってきておくのを忘れていたため、寒さのなかに起き上がるのが億劫で服薬できず、そうすると、その後はあま…

2018/2/22, Thu.

五時前に目を覚ました。服薬をしようにも薬の袋が寝床になくて、寒さのせいもあって起き上がる気にならず、そのまま眠ったが、そうするとやはり寝付きは多少悪かったような気がする。七時台からは眠りが浅く、もう少し眠っておきたいと思いながらもあまりう…

2018/2/21, Wed.

一度覚めると、三時頃だった。服薬して寝付き、何度か目覚めながらも、八時半まで眠った。すぐに起き上がることができず、呼吸に集中しつつ、また一方では思考が湧いて回るのも感じながらしばらく寝床で過ごし、九時近くになって布団を抜け出した。 上階に行…

2018/2/20, Tue.

二時台、四時台あたりにそれぞれ一度ずつ覚めたと思う。二度目の覚醒時に薬を服用した。何度か覚めながら、最終的に八時五〇分まで寝床に留まった。起き上がって上階に行く。母親の姿がなかったので、もう(……)出かけてしまったのかと思ったところ、洗面所…