読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/28, Fri.

 少し前から室内がよほど暗く沈んでいたので、明かりを灯していた。五時が近づくと、窓ガラスに部屋の様子が反射して、ベッドから見上げると中央に白く光る蛍光灯が映りこみ、アサガオの蔓の途中に割りこんで、その一部を途切れさせてしまうのだった。

広告を非表示にする