2020/6/3, Wed.

 (……)空があやしくなって来た。煮え切れない雲が、頭の上へ靠垂[もた]れ懸っていたと思ったが、いつのまにか、崩れ出して、四方はただ雲の海かと怪しまれる中から、しとしとと春の雨が降り出した。菜の花は疾[と]くに通り過して、今は山と山の間を行くのだが、雨の糸が濃[こまや]かで殆んど霧を欺く位だから、隔たりはどれほどかわからぬ。時々風が来て、高い雲を吹き払うとき、薄黒い山の脊が右手に見える事がある。何でも谷一つ隔てて向うが脈の走っている所らしい。左はすぐ山の裾と見える。深く罩[こ]める雨の奥から松らしいものが、ちょくちょく顔を出す。出すかと思うと、隠れる。雨が動くのか、木が動くのか、夢が動くのか、何となく不思議な心持ちだ。
 (夏目漱石草枕岩波文庫、一九九〇年改版、17)



  • 一二時一四分に離床。滞在は辛うじて八時間には達しなかった。空に雲が多く、飛沫をあげているものの、青さも見える。
  • かなり暑い、夏の空気感。二時頃に洗濯物を入れたついでに外へ出る。ゴミ出しに使ったケースを洗って干しておいてくれと母親の書き置きにあったのだ。それで家の前の水場でブラシを使って弱く丁寧に容器をこする。ケースは二つあり、そのほかにバケツ型のゴミ箱が一つあった。途中で車の停まる音がして振り向けば向かいの宅に人が降りたところで、O. Sさんが運転していたので会釈を送った。
  • いままで読んだ本の書抜き記録を最初からすこし読み返した。面倒臭くてやっていなかったが、本当は全部くまなく読んで、重要なものは「記憶」記事にピックアップしていったほうが良いのだろう。そういうわけで、この日はサイモン・クリッチリー/佐藤透訳/野家啓一解説『ヨーロッパ大陸の哲学』(岩波書店、二〇〇四年)からいくつかの記述を「記憶」に追加した。二〇一二年二月の記録。当時は全然理解できていなかったと思うが、いま読み返してみると言っていることはだいたいわかる。成長したものだ。
  • 四時半過ぎに上へ行き、コンビニで買った冷凍の炭火焼鳥とともに米を食う。その後、歯を磨いたり着替えたりして支度を済ませ、今日は電車で行くことに。出発する頃には母親も帰宅しており、葉書を出してくれと言うので受け取った。山田養蜂場に対するアンケートのようなもの。ローヤルゼリーを買っているらしいが、効能のほどは知れない。道へ出れば風はさほど流れず空気は停まりがちで、六月からクールビズが許されたので今日はベストもはおらずネクタイもつけなかったが、それでも普通に蒸し暑い。頭上は一面覆われて白く褪せた曇天である。Nさんの宅の入口にツツジがいくつも咲いており、ショッキングピンクのものと、もっと白っぽくて桜に近いような淡色の中心に濃い目の赤が灯っているものとある。家屋のほうに上っていく通路の途中にも彩りがあるが花はいくらか散り伏しており、そこから白い蝶が舞いだしてくる。
  • 坂を上って最寄り駅に至ると、駅前の横断歩道を渡った先の道端に低い段に乗った茂みがあってそこに何やら黄色の花が咲き群れていたのだが、その横で高年の男性が一人、ところどころ草をむしっていた。手入れなのか? としても、なぜその人がやっているのか? 格好は定年後で家にいて気ままに暮らしているような印象の気楽なもので、つまり仕事ではなさそうだ。むしる草の基準もよくわからず、意図が見えない。ともかくそこを過ぎて階段通路に入れば、見上げた空の雲蓋のなかに太陽が、わずかばかり赤味を帯びた姿で、あるいは漂白された橙色のおもむきで、ぼんやり溶けて映っている。ホームに下りてベンチに座るとここでは風が横向きに、すなわち東西方向にいくらか吹いてそこそこ涼しく、その風に乗って惑わされたように蝶が一匹、白く飛んでくる。向かいの段上、畑になっている敷地のほうには、たぶんスズメだと思うが小さな鳥が二羽、低く飛んで宙を滑っては曲線を生み、かなり細長い楕円を描く。太陽は数刻前とおなじく視界の左上に、君臨などと言うにはあまりに希薄な姿だけれど戴かれ、駅の通路を出たそのすぐ脇では老年ほどと見える女性二人が立ち話を交わしていた。
  • 来た電車に乗って扉際へ。車内でマスクをつけていないのは、見える範囲ではこちらだけだった。窓外を流れていく樹々の色を眺めつつ過ごしたのち、青梅で降りてホームを行くあいだも、マスクをつけていない人間はほかに一人しか見かけなかった。駅を出るとポストに寄って母親に頼まれた葉書を投函。
  • 職場。入るとすぐ目の前、教室長のデスクのところに(……)さんともう一人、面識のない眼鏡の女性がいる。(……)さんがさっそく威勢よさげに、すごく久しぶりじゃないですか? とか声を掛けてくるので、三月頃に一度会いましたかねとか答えて女性のほうを向けば、七月から当教室に配属になった人で、(……)さんといった。つまり、新室長である。先日の日記に書き忘れた気がするが、(……)さんはここで異動となって、新入社員の人と、もうひとり(……)さんという人が新たな管理者として来るということを聞いていた。そのうちの一人がさっそく事前出向してきたのだ。正式には七月から配属だけれど今日からこの現場で働きはじめるので、サポートしてあげてほしいとのことで、了承して挨拶を交わし、ちょっと雑談した。一応多少のためらいを見せつつも相手が新卒の新入社員であることを確認し、こちらは、年齢を言ってしまうといま三〇で、途中に空いた期間もあるがかれこれ一〇年はここで働いていると自己紹介した。(……)さんは一〇年という数字にちょっと驚いた様子だった。まあ一応、事情にはそこそこ通じているはずなので、わからないことがあったらお気軽に訊いてくださいとか何とか言っておく。ついでに相手の出身を訊けば東京都は(……)区で、最寄りは(……)だと言う。(……)降りたことないですよと笑い、荻窪のほうなら、僕は本が好きで、古本屋があるので何回か行きましたけどねとぺらぺら話す。この発言はささま書店を知っているかどうか確認する意味を持ったと言うか、別にあらかじめそういう意図を目論んでいたわけではなく結果としてそういう機能を果たしただけだが、(……)さんはどうもささま書店を知らない様子だった。付け加えて、でもその本屋がこのあいだ閉店しちゃって、と言っても思い当たる節がなさそうだったので、彼女はたぶんささま書店を知らない。ということは、少なくとも古書店をまわるほどの書物好きではない。
  • 今日の授業は(……)くん(中二・英語)と(……)くん(中二・英語)。だが(……)くんは来なかった。電話すると母親が出て、頭が痛くて学校も行けなかったのだと言う。本人に替わってくれたので、体調が悪ければ無理せず休んでいただいて良いし、来られそうだったらもちろん来てもらっても構わない、決めてくださいと選択を委ね、つまりは事実上欠席を認めて了承したということだが、ゆっくり休んでくださいと残して切った。(……)くんを待っているあいだに(……)さんと少々雑談をして、最近、ご実家のほうには帰られましたかと訊いてみると、二週間ほど前にようやく一度帰ったと言う。都心で働いている身だからやはり気が引けて、とのこと。教室巡回も、会社としては原則禁止になっていたようだが、自分の車を駆り出してひそかに回っていたらしい。本社でも出社人員は通常の三〇パーセントくらいに減り、多くはテレワークになっているので、(……)さんのように外回りをする人間はむしろ何だか変な感じがすると言っていた。ただ本社や全国各教室やら諸々のスタッフやら、社員側で感染した人はひとりも出ていないという話だ。生徒や保護者やその周辺にはちらほらいるようだけれど。で、話の途中で出たのだが(……)さんは(……)住まいだと言うので、兄が一時期住んでいましたよと取り上げて、あの、西村賢太っていう作家がいて、数年前に芥川賞を獲った人で、と余談を語りだした。賞金をどうしますかって訊かれて、まあその……と言葉を濁したのは、一応塾の場に身を置いていて、生徒もすくないとはいえ何人かいるなかで「風俗」という語を口に出すのが憚られたからだが、この場で言うのはちょっとあの……困るんですけど……つまり、えーっと……その、要は、いかがわしいところに行きますって言って、物議を醸した人なんですけど、と笑い、その人が兄のマンションの近くに住んでいたらしいです、とどうでも良い情報を紹介した。
  • 授業に関しては、(……)くんは対面授業が再開してから教室に来たのは初めてだと言った。オンライン授業は受けていてLesson 3まで一応予習をしてあったようだが、まあ復習しておくかということで、Lesson 1のまとめ問題を扱った。その後、教科書本文の訳を確認。L1 Getは問題ない。L1 Readは、コロナウイルスのせいで学校でも授業がようやく始まったところでまだ学んでおらず、当然わからない単語などあるけれど、既出のものは基本的によく覚えられているのではないか。一対一だったので余裕を持ってゆっくりと喋り、だいぶ丁寧に進められた印象。
  • そのあとのコマには(……)さんという新人の講師がおり、この人は新人のはずなのだが、去年勤めていながらもいつの間にかいなくなっていた同僚女性と、顔にせよ髪型にせよたたずまいにせよ何だか似ていて、しかしその女性講師の名前が思い出せなかったので、あれ、新しい人のはずだけど、もしかしてあの人じゃないよな、一度辞めてまた戻ってきたとかじゃないよな、と惑い、ロッカーから携帯を出して教室から一斉送信された過去のメールを見たところ、前にいたのは(……)先生という人だったことが判明し、そうだったそうだったと思いだして別人であることが確証されたので、声を掛けに行った。それでも一応念を入れて、僕とお会いするのは……と手を差し向けると、はじめてですと返るので、ですよねと受けて名乗り、挨拶を交わした。入ってまだ一か月ほどだと言う。その間はオンライン授業になっていたから対面授業はまだほとんどやっていないはずで、と言うかもしかすると、この日がまさしく初めてだったのではないか? で、対面授業が再開されはしたのだけれど、飛沫感染を防ぐためそれぞれの座席の入口にラップを張り渡す必要がある。使うのは一般的なサランラップだかクレラップの類で明らかに縦幅が足りないし、マスクもしているのでなくても心配ないだろうと思うのだが、まあ一応やっているというポーズだけでも示しておくのは悪くはないし、今日はマネージャーである(……)さんも来ているので貼ってくれとの指示が室長から伝えられ、それで(……)先生の区画にも協力して設えたのだけれど、教室奥の区画にある何席かにはマジックテープで着脱する方式のビニールカバーが取りつけられているのでわざわざラップを用意する必要はない。ところが(……)先生に割り当てられた区画はそれがない場所だったので、ラップを貼らなきゃいけないんですけどね、でも面倒臭いでしょ? と言って、こちらが前のコマで使っていたカバーつきの区画で授業するようにとすすめ、座席表の番号を変更しておいた。片づけたあとも声を掛けて、(……)くんって当たったことあります? と訊けばはじめてだと言う。どこをやるかとかわかりますかと問いを続けると、前回の記録に一応明確な指示があったようなので、それでよさそうだなと判断した。ただ(……)くんはこのときまだ来ておらず、どうしたらいいですかと言うので、まあ一応、基本的には一五分くらい経ったら連絡をするというシステムになってるんですが、電話をするのがあの……まあ、面倒臭いとか(と笑う)、それか緊張するとかでしたら、まあ室長に……訴えて(と笑う)、訴えてくださいと答え、じゃあ僕はすみませんけど帰りますんでと笑いながら別れを交わした。雰囲気としてはおとなしい方の女性であまりはっちゃけたような様子はないが、一方でイヤリングの類をつけていたようだったし、手の爪にもやや暗い質感で渋めのマゼンタみたいな色が塗られていたので多少の洒落っ気はあるようで、またたびたび礼を言ってくれて殊勝そうな感じの人だった。
  • 退勤。帰りは徒歩を取った。暑く、夏の宵の雰囲気で、電柱から湧き出す虫のノイズがかしましい。空は雲がかりだけれど青味もあり、東南の方角に、ちょうど往路で見た太陽とおなじように月が雲に呑まれて朧めき、色も似た感じで淡い橙色を放っているが、太陽よりもよほど小さくて梅の実みたいな姿である。「(……)」が営業再開していた。
  • 夕食時、『家、ついて行ってイイですか?』を眺める。ヤクルトスワローズファンの六二歳の男性が出ていてなかなか面白い。ヤクルトを応援するのに生のすべてをつぎこんでいるようで、住まいは二万円ほどの狭いアパート、食事は一日一食二〇円で済ませ、風呂は銭湯で三日に一度くらいだと言う。月収は一〇万円程度で、多くとも一四、五万だが、バスで各地に遠征し、最低でも年間九〇試合は応援に行く。部屋のなかはグッズでいっぱいに満たされており、壁はユニフォームなどで埋め尽くされていた。昔は結婚していて子供も三人いたと言う。連れ合いともヤクルト繋がりで、チアガールだったのを射止めて一緒になったが、応援活動にのめりこみすぎて家のローンが払えなくなったために別れざるを得なかった。ただその後も関係は良好で、現在も年に四、五回は会っており、子供もときおり野球の中継でテレビに映っていたよとか電話をくれるらしい。
  • 野球ファンとかその応援活動などについてこちらはもちろん何も知らないが、その男性によれば、昔は本気で応援をやろうなんていう人は大概ちょっとおかしいと言うか、要するに野球の応援なんてはまりこんだら家庭が壊れるというものだったと言う。例えば、前は東京の人間が全部やっていたから、と。つまり、いまは大阪での試合は大阪の人が、名古屋ドームでは名古屋の住民がという形で、各地に応援団が結成されているらしいのだが、昔はそうではなくて東京住まいの人が全国各地に出張って応援に従事していたということだ。昔みたいな家庭生活に戻りたいと思わないですかとスタッフが訊くと、戻るならこういう応援生活をやめなければならない、でも今のこの生活に満足してるから、金もないし苦しいは苦しいけど、好きなことやってんだから苦しいも何もないでしょ、と笑っていた。ただ、応援活動は六五歳で引退する予定だとも言う。その歳に達すれば年金をもらいはじめるわけだが、年金は老後の生活のための金であり、それを応援に、要するに「遊び」に使いたくないということで、実に潔いではないかとこちらはちょっと感嘆した。とても大したものだ。自らの生を捧げ捧げて家庭を分かつまでに至ったような行いを、「生きがい」だの「人生」だの「自分そのもの」だのと言わずに、単なる「遊び」だと、気負いも気取りもまったくなしに言い放ってみせるのも悪くない。
  • 五月九日の新聞記事をようやく日記に記録した。新聞は読むだけで一向にメモができないので、部屋に溜まっていく一方だ。バーバラ・ジョンソン/土田知則訳『批評的差異 読むことの現代的修辞に関する試論集』(法政大学出版局(叢書・ウニベルシタス)、二〇一六年)の書抜きもやっとできた。そのほか、奥村恆哉校注『新潮日本古典集成 古今和歌集』(新潮社、一九七八年)を読了するために夜を更かして四時四六分に消灯。


・作文
 13:02 - 14:10 = 1時間8分(5月4日)
 21:44 - 21:57 = 13分(6月3日)
 22:42 - 23:35 = 53分(6月3日)
 25:21 - 25:42 = 21分(5月9日; 新聞メモ)
 25:42 - 26:24 = 42分(5月4日)
 26:31 - 27:15 = 44分(5月4日)
 計: 4時間1分

・読書
 14:31 - 14:52 = 21分(英語)
 14:53 - 15:20 = 27分(記憶)
 15:52 - 16:35 = 43分(古今和歌集: 364 - 380)
 16:56 - 17:04 = 8分(古今和歌集: 380 - 382)
 20:30 - 20:52 = 22分(古今和歌集: 382 - 399)
 21:27 - 21:32 = 5分(日記)
 24:43 - 25:19 = 36分(ジョンソン、書抜き)
 28:16 - 28:46 = 30分(古今和歌集: 399 - 410)
 計: 3時間12分

  • 「英語」: 18 - 50
  • 「記憶」: 1 - 9
  • 奥村恆哉校注『新潮日本古典集成 古今和歌集』(新潮社、一九七八年): 364 - 410(読了)
  • 2019/5/21, Tue.; 2019/5/22, Wed.
  • バーバラ・ジョンソン/土田知則訳『批評的差異 読むことの現代的修辞に関する試論集』法政大学出版局(叢書・ウニベルシタス)、二〇一六年、書抜き

・音楽